%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-27-14-08-00

抗がん剤治療とは・・







ガンになったら抗がん剤治療をするというイメージが定着し、一般的によく聞く言葉になりました。がん治療には手術、放射線治療、薬品を用いる化学療法がありますが、抗がん剤治療はその中の化学療法に該当します。抗がん剤治療とは、細胞の増殖や成長を抑え、細胞を死滅させる働きのある薬剤である抗がん剤を用いた治療です。そもそもがんは細胞が大量に増殖することで発生する病気です。








その為、その増殖を抑え、細胞を破壊することが治療になります。また、完全にがん細胞を破壊、消滅できなくても、小さくすることで摘出手術が可能になったり、放射線治療をしながら抗がん剤治療をすることで転移を防いだりするなど他の治療と組み合わせることも少なくありません。





抗がん剤治療の副作用と食事について



抗がん剤治療は、がん細胞の増殖を抑え、死滅させる抗がん剤を用いますが、抗がん剤によって傷つけられるのはがん細胞だけではありません。正常な細胞も攻撃対象になります。その為に副作用が発生します。特に影響が出やすいのが成長の早い細胞で、皮膚や骨髄、消化器、生殖器、毛根です。


そのため、吐き気や嘔吐、だるさや脱毛という副作用が出るのです。抗がん剤治療中の食事はこれらの副作用が出るため、消化しやすいものにしたり、食欲が出るよう少し濃い目の味付けにしたりするなど工夫することが必要になります。また、一口で食べられるようなものを用意しておくと少しずつでも食べることができ便利です。


もちろん、無理に食べてはいてしまうと余計に体力を消費してしまいますので、注意が必要です。
どうしても食べられないときなどは点滴もありますので、主治医に相談しましょう。

抗がん剤についてのまとめ



抗がん剤についてご自分の意見や考え、見解などを上手に記事に盛り込んでまとめてください。
がんと診断され、抗がん剤治療を行うことになり、不安な気持ちでいる方がほとんどだと思います。
副作用や食事はどうすればいいのか、どれくらい治療が続くのだろうかなど心配は絶えないでしょう。


しかし、抗がん剤治療は一人で行うのではなく、主治医や看護師、家族や友達など協力する人はたくさんいます。
不安なことや疑問をそのままにしておくよりも、抗がん剤治療について知識を得たり、主治医や看護師に質問したりして疑問を解決することや不安な気持ちを聞いてもらうことが大切です。
それにより治療に対してより前向きに取り組むことができます。