『電通鬼十則』という本に注目が集まっている件



%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-10-20-19-15


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-10-20-26-58



電通の『鬼十則』という本がありますが、電通で高橋まつりさんが過労自殺をした事件で注目され始めました。電通中興の祖「吉田秀雄」の『電通鬼十則』というもので、実に哲学的で人生教本、自己啓発書として他に同類の本などが要らなくなるという位この『電通鬼十則』があれば大概は間に合うという事です。










大まかな内容はこちらから



電通鬼十則は世間一般から見れば、とても厳しい内容になるかもしれませんが時に必要になる時があります。この『電通鬼十則』がベースとなり社員を追い込んでしまっているのではないかと言われていますが、それは誤解なのでは?と思ってしまいます。仮にこの『電通鬼十則』が原因となってしまっているのだとしたら、それは指導する者、管理する者がこの『電通鬼十則』を履き違えているとも考えられます。



しかし、見ていただければわかるようにその文調は誤解されても仕方がない程に厳しいものにまっています。著者の本来の意図とは違い、社員を苦しめてしまうものになってしまったのかもしれません。



『電通鬼十則』はこちらから

電通の過労死事件のツイッターについて

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-10-20-19-15



→【電通過労死】自殺したはずの高橋まつり(24)のTwitterアカウントが鍵垢として突然非公開に、電通の圧力か!?【情報操作】


→【え?】電通過労死で自殺した高橋まつりさんのツイッターアカウントが突如動き出す!何が起きてるんだ 人気度71.8 %


→軽いホラーやんけ 数年前自殺した人が突然ツイートして 湖か海のど真ん中の位置のGPSで 怖かった奴思い出した



安倍首相は、高橋まつりさんが亡くなる前のTwitterに全て目を通してそうです。安倍総理も関心の高さを示しました。今後働き方改革の議論で過労死防止がさらにクローズアップされそうです。高橋まつりさんのTwitterは現在凍結していて閲覧する事が出来ません。ご家族の方か何かが見れないようにしているという事が考えられます。









電通が不祥事だらけで終わりじゃないと噂とまとめ




%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-10-21-20-58



今年の電通の不祥事を大まかにまとめるとこんな感じです。



1月:デザインをパクる


4月:パナマ文章に名前が載る


5月:オリンピック委員会に賄賂


6月:2ちゃんねるでステマ発覚


7月:インターン選考で炎上


8月:SMAPの芸能情報で嘘をばら撒く


9月:広告費偽装で過剰請求、食べログのステマ


10月:新入社員が自殺










詳しくは述べませんが、ほぼ毎月不祥事を犯しています。
これだけ大事になり安倍総理も対応を迫られていますので、電通の石井直社長は「チーム力を結集し新しい電通を創り上げていこう!!」などと謳っています。とある40代社員は「不適切な働き方があり、勤務時間の登録の仕方などがいい加減だった」としてこれまでの行いを「攻める」と話していました。自浄能力のない会社だと話していましが、そういった会社はあまりにも多い気がします。



今回、電通は高橋まつりさんの件で注目が集まりましたがこういった会社はあちこちに隠れているのではないでしょうか。こういった会社を野放しにしておくわけにはいかないので、総理にも国をあげて早急に対策を練ってほしいものです。